令和4年度の研究について

研究テーマ
問題を科学的に解決する「資質・能力」を育てる理科学習
-魅力あふれる理科の授業の創造-

名理会では、会員の授業力向上を目指し、令和2年度より上の研究テーマで授業研究・実践を進めています。本年度は、「個別最適な学び」と「協働的な学び」という相対する学びのスタイルの一体的な充実が求められていることを背景に、名古屋市で取り組んでいる「なかまなビジョン+」の考え方を理科の授業で具現化することを目標に、「場面」「視点」を設定しています。

詳細はこちらへ

実践例集「魅力あふれる理科の授業の創造に向けて」(実践研究部)<R3年度>

場面⑴ 「問題を見いだす」学びの場面
・ 実践例1 小学校5年「電磁石の性質」(宝南小 水田良佑)
・ 実践例2 小学校6年「ものの燃え方」(広見小 池田純也)
場面⑵ 「問題解決の力を養う」学びの場面
・ 実践例3 小学校6年「水よう液の性質」(猪高小 長尾和弥)
・ 実践例4 小学校6年「私たちの生活と電気」(大坪小 徳永祥一)
・ 実践例5 中学校2年「動物の体のつくりとはたらき」(高針台中 矢野貴裕)
場面⑶「主体的に問題解決しようとする態度を養う」学びの場面
・ 実践例6 小学校3年「ものの重さ」(高蔵小 広瀨富也)
・ 実践例7 小学校6年「ものの燃え方」(植田小 坪内登夢)

アンケート「魅力あふれる理科の授業の創造」の結果報告

名古屋市理科教育研究会研究テーマに関するアンケート「魅力あふれる理科の授業の創造」の結果をまとめました。(理論研究部)

アンケート結果のまとめ
※ 集計結果や考察をまとめました。

回答いただいた方の実践記録
※ 回答者の47実践の概要(ICT活用方法・手だて・成果・課題等)を載せてあります。使用した自作教材の写真やワークシートのデータをダウンロードできます。表にある数字(データ数)をクリックしてください。
(ワークシートをブラウザで表示する場合、レイアウトが崩れることがあります)

実践例集「魅力あふれる理科の授業の創造に向けて」(実践研究部)<R2年度>

1 研究の視点⑴「問題を見いだす」学びの場面
・ 実践例1 小学校3年「ゴムや風の力」(常磐小学校 西村啓太)
・ 実践例2 中学校1年「光の性質」(高針台中学校 矢野貴裕)
2 研究の視点⑵「問題解決の力を養う」学びの場面
・ 実践例3 小学校4年「とじこめた空気や水」(植田小学校 坪内登夢)
・ 実践例4 小学校5年「もののとけ方」(高蔵小学校 広瀨富也)
3 研究の視点⑶「主体的に問題解決しようとする態度を養う」学びの場面
・ 実践例5 小学校4年「季節と生き物⑶-夏-」(見付小学校 深川央基)
・ 実践例6 小学校6年「私たちの生活と電気」(飯田小学校 室崎 学)
・ 実践例7 中学校1年「物質のすがた(蒸留)」(千鳥丘中学校 松原潤一)

一日研修会

名古屋市理科教育研究会一日研修会が、8月9日(水)、笹島小・中学校において開催されました。当日は、多くの方々が参加し、研修を行いました。午前の全体会の最後に、指導室指導主事の伊東章二先生による指導助言が行われました。伊東先生からは、新学習指導要領についてのお話をいただき、その中で、「多様な考え方を引き出すのは大事だが、出させ方や取り扱い方をどうしていくのかを考えることが必要」など、多くのご示唆とご助言をいただきました。

研究発表会

2月4日(土)ルブラ王山にて、平成28年度名古屋市理科教育研究会「研究発表会」が行われました。
はじめに、全小理で発表した犬飼先生が、研究内容を発表しました。また、本年度活躍した先生の紹介がありました。そして、理論部から最近の動向についての発表がありました。最後に、指導主事の伊東先生より「新学習指導要領に向けて」の特別講演がありました。
研究発表会が終わった後、盛大に懇親会が行われました。

理科教育研究会一日研修会

平成28年度の一日研修会が8月10日、笹島小・中で開かれました。

image

午前中は、4名の方が1学期に行った実践を発表しました。発表の最後には、伊東先生より指導助言をいただきました。

image

午後は、4つの分科会に分かれて8名の方が1学期に行った実践を発表しました。

image